2011年07月05日

今年も下半期からスタートですw

上半期色々あり過ぎだよ!

そんなこんなでもう夏ですか、そうですか。
気がつけば【Love is Green】から丁度1年ぶりの投稿です。



今回は色々と普段と制作方法を変えたので、
忘れないうちに久々に解説いってみます。
<概要>
<今まで>
 MxCapture(UtVIDEO CODEC):素材キャプチャー
→ NiVE:編集&AVIファイル書き出し(2GBまで)
→ Aviutl:ファイル結合&H.264エンコード

<今回>
 MxCapture(Huffyuv2.1.1):素材キャプチャー
→ NiVE:素材トリミング&エンコード(UtVIDEO CODEC)
 → Aviutl:仮組み&ダンス編集&字幕消し
→ NiVE:タイトルロール&エフェクト&歌詞&クレジット&AVIファイル書き出し
 → Aviutl:ファイル結合&H.264エンコード

工程がえらく増えましたが最終的には作業が楽になりました…、
というよりめげずに完成させられましたw 勝因は次の2つ。

1.音楽とダンスのシンクロチェックの際にイチイチ書き出ししなくて良くなった。
2.下処理に使用するファイル数、エフェクトを減らせたのでNiVEがフリーズし難くなった。
これにより作業効率が増した。

そして…、同期のシンクロ派PVの雄、セプタムにダンスチェックしてもらえたのが一番大きかったです!
自分の実力不足でアドバイスの全てを活かせなかったのはいささか無念ですが…。

それでは画像入りで詳細を。

<1.キャプチャー>
・CODECを変更したのはドロップフレーム対策です。
それぞれ得意箇所が圧縮だったり展開だったりするので適材適所を心がけるようにしました。
あと、キャプチャー場所をDドライブ直下に見直しました。
(階層が深くなると転送速度に影響があったので)

・ちなみ今回の人選理由は…。
マイケル・モンロー=美希だろJK。以上w
あとは「夏」「水着姿」で釣り合いが取れそうなアイドルは…と考えたらこうなりました。
個人的に貴音はあんまり「夏」な感じがせず、響は今回画面に黒を入れない方針だったので
残念ながらプロジェクト・フェアリーにはなりませんでした…。


<2.素材加工>
・まずNiVEで使用しなさそうな箇所のカットやリサイズ、CODECの変更を行います。
※huffYuvはキャプチャーには有利だけど、プレビュー時はカクつきやすいため。
また、ファイルサイズを小さくすることで編集時の負担を減らせる。

sozai_kakou_40.png

・今まではリサイズや(今回は行ってませんが)BB処理などはNiVE上での編集時に
同時に行なっていましたが、これだとTL一本ごとにエフェクトをかける必要があるので
作業終盤になるほど処理が重くなりプレビューどころではありませんでした。
(コンポジションを使用しても限界があった)


<3.仮組み〜ダンス編集〜字幕消し>
・ここからは自分の感覚で組んでます。Aviutlを使用しています。
キメになるところから先に決めていき、納得するまでいじり倒してTLをを埋めていく感じです。
(今回は衣装チェンジやボーカルのアドリブ部分などから決めていった)

Aviutl2_40.png

・ダンスが決まったら字幕消し処理を行います。([アイマス字幕消し]プラグイン)
使用したファイルのみコピーして処理を行った後に元のファイルに差し替えれば、
事前に大量の修正済ファイルを用意しなくて済みます。
※同時に[アンシャープマスクMT]プラグインでフィルターをかけています。

Aviutl_40.png

・差替えが済んだら、この時点で可能なエフェクトをかけてしまいます。
(トランシジョン、最後の美希のモーションブラーなど)

Aviutl3_40.png

ちなみに衣装チェンジのアレは単なるトランジションですw

・00:42のアピールであずさと律子の立ち位置が入れ替わっていますがバグです。
アピール終了後は元の立ち位置に戻ります。
最初から入れ替えておけばいいじゃん!と思って試してみたのですが、
そうするとこのタイプのアピールが出ない(もしくは極端に確率が低い)ため、
ノリ重視で今のカタチで押切りました。

Aviutl5_40.png

<4.エフェクト.字幕など>
・仕上げはNiVEで行います。
クレジットは素材をコンポジションにまとめて、レンズフレアかけて終了。

NiVE_composition_40.png

NiVE_composition2_40.png

・歌詞入れはAviutlでもできるのかもしれないけど、プラグイン探すのが面倒だったのと
劣化による文字潰れ防止のため最後に入れました。

・毎回悩むのがタイトル。最初は南の島の空港に飛行機が着陸するシーンがあったんですが、
さすがに1分間アイドルが全く出ないのもアレなのでまるごとカットしました。
加えて歌っていないのに口パクしている問題が解決できていませんでした…。
という訳で、見せたくないトコは隠しちゃえ!ということであの仕様になりましたw
タイトルは単純に[トラックマットT]を使用し、お気に入りの[Light Burst]をかけただけです。

上段の[title]にMalibu〜を打ち込んで、下段の[title mask]で抜いてます。

NiVE_Mask1_trim.png

NiVE_Mask2_trim.png

タイムラインのところで[title]を指定しています。※画像の表記は[title]のソース名です。
あとは[反転]にチェックして、[LightBurst]を調整すればOK。

NiVE_Mask3_trim.png

歌い出しの律子にも[Light Burst]をかけ、色を飛ばして誤魔化してます。

NiVE_light_40.png



あとはレンダリングしてAVIファイルに書き出した後、Aviutlで連結→H.264エンコードすれば完成!

<反省>
・カメラワークを工夫すべきだったかも?まだまだ切って貼っただけですね。

・細かい繋ぎがまだまだだなぁ…。セプタムPやぎょPの作品を見た後だと痛感します。

色々と連々書きましたが、今回は作業自体を結構楽しめました。
特に今まで苦手だった仮組み〜シンクロへの及び腰が大分治りましたw

さて、まだ2素材で1本、L4U素材で1本作りたいのがあるんですが、リアルが許してくれるかな…?
特に後者は1年以上かかっているので、早く完成させたいのですが…。
まぁ、悩んでも仕方ない!また次回作を上げた際に興味がありましたら、御視聴願います。

では!
posted by にゃんこD at 23:37| 茨城 ☀| Comment(0) | 動画解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。